株式会社入船

給食事業

PROVIDING A MEAL

トップ > 給食事業
「食の喜び」の創造
×
給食事業本部
執行役員本部長上村 裕次

単にお腹を満たすだけの食事じゃなく
「心と身体を満たす食事」であり続けたい、
その本質的な喜びに応えていく。

日配給食、介護給食、委託給食と様々な分野の給食事業を展開する中で、改めて強く感じるのは「食事ってお客様の楽しみなんだ」という事。
例えば、日配給食であればお昼のお弁当が午後からの仕事の活力の源になるし、スタッフ同士のコミニケーションのネタにもなる。
介護給食では、外出が難しい施設入居者もおられる中、食事内容で入居率が変わるぐらい毎日の食事を楽しみにされている。
委託給食では社員食堂の食事のおいしさや満足度が企業の魅力の一つになっていたりするんですよ。

食事は単なるお腹を満たすだけのものでなく、心と身体を満たすもの、僕たちはその喜びに応えていきたい。
僕たちが提供する食事を楽しみに、そして待ち遠しく思ってもらえるような、そんな「食の喜び」を提供し続けていきたいと思ってます。

「飽きない・・・」をテーマを掲げて

入船は創業100年を越える老舗企業、でもその中身は旧態依然とした会社ではなく、どんどん新しいことに挑戦できる、そんな会社です。
僕自身も給食事業に携わって間もない頃は、悔しい思いを何度もしてきましたが、それが今では糧になり新たな挑戦をすることが出来てます。
少しずつ、食事の内容や容器、そして見た目の印象なども改善していき、当初はボンヤリだった理想が、今ではハッキリと浮かび上がり、それに向かって歩みを進めている実感を持っています。

どんなに高価な料理でも、それを毎日食べてると人は飽きてしまいます。
たまに食べるから価値が上がり、楽しみや喜びも大きくなるもの。一方我々が提供する食事は毎日提供し続ける為『飽きる』という人間の自然な感覚を陵駕する必要があります。 従って様々な事業分野において『飽きない〇〇』、これを僕たちはテーマにしてます。その一環として、業界では難しいと言われている月に一度の特別食の提供や季節感を取り入れたお弁当の提供など、常にゼロベースで創意工夫し取り組んでいます。

もちろんまだまだ満足できてないですし、完成形なんてきっと無いとも思っています。

これからの100年で、我々が先頭をきって
業界ならではの食事に対するお客様の価値観を変えていきますよ。

「この業界の当たり前を変えたい!」それは召し上がられる方の食事に対する価値観であり、更にはそこで働く従業員みんなの価値観、そして働き方でもある。
これまではお客様が食事を選ぶ時代、これからは「毎日の食事の事なら入船」と当たり前に言われる存在になる。
そのためにも食事が持つ本当の意味、「本質の価値」を深掘りしながら、この業界全体を成長させていきたい。

人の生活に欠かせない食事を提供する素晴らしい仕事であるはずなのに、まだまだこの業界は良いイメージを持ってもらえていない。
「こんなに素晴らしい価値を提供しているんだ!」 と、働くみんなが自信をもち、どこか誇らしげな気持ちで働ける、そんな業界にしていく。
僕たちが先頭をきって、食事に対するお客様の価値観を変えていきますよ!
DIVISION
事業部紹介
日配給食事業部
働くあなたに午後からの活力を!
日々のお昼ご飯だから「飽き」を抑制し、「楽しみ」をご提供します!

お昼ご飯のひとときが一日の中で、これまで以上に「楽しみの時間」になれるよう、そして午後からの活力の源に、働くあなたに「楽しみ」と「健康」をお届けします。
介護給食事業部
食事から笑顔に!!
利用者様の楽しみと、職員様の煩わしを同時に解決!

先ずは完食してもらえる事、そこには美味しさ、日々の変化、楽しみが必要不可欠です。ご当地料理や、イベント食も通常献立としてご提供し、利用者様の心の健康をご支援します。完全調理品(クックチル)の真空パックなので現場負担を極限まで改善し、利用者様に寄り添う施設運営をご支援します。
委託給食事業部
『お困りごと』を解決します!
企業や施設の食堂・レストラン等幅広い「食」の場面におけるお悩みを解決します!

毎日の食事だから飽きの来ない献立、コミニケーションの場としても欠かせない空間づくり、そして日々の運営まで外食、中食、給食等様々な食の事業に携わって100年余り、これまでの実績と経験、幅広い「食の総合力」でサポートします。
ケータリング業部
様々なイベントのトータルサポート
ご予算に応じてベストな演出の お手伝いを致します!!

テーブルクロスや装飾などを用いていつものオフィスがホテルのビュッフェのように変わります。周年イベント時には屋台(たこ焼き、焼きそばなど)などのご要望にも対応致します。
ページトップ